ふるさと納税

ふるさと納税制度とは…

 自分が生まれ育った「ふるさと」や、深いかかわりのある地域に、何らかの形で貢献あるいは応援したいというみなさんの思いを生かす寄附金制度です。
申告を行うことで、2千円を超える部分について、一定の限度まで、所得税および住民税の控除が受けられます。
 

 

furusatonouzei

 詳細はこちらから(総務省ふるさと納税ポータルサイト)

ワンストップ特例制度について

ふるさと納税以外に確定申告等を行う必要のない給与所得者等は、個人住民税課税市町村に対する「ふるさと納税(寄附)」の控除申告を潟上市に代行させることができます。

ワンストップ特例制度の対象者は?

1. 確定申告をする必要がない給与所得者や年金所得者などに限定されています。
  ※確定申告を行う必要がある自営業者の方や医療費控除等で確定申告をする方は対象になりません。
2. その年にふるさと納税をされる自治体の数が5団体以内までの場合です。
  ※1団体に複数回寄附した場合は、納税先団体は1団体となります。

3. 「申告特例申請書」に変更があった場合、必ず「申告事項変更届出書」を提出してください。

 寄附金税額控除に係る申告特例申請書(様式55-5) 

 申告特例申請事項変更届出書(様式55-6)  

 【記入例】寄附金税額控除に係る申告特例申請書(様式55-5) 

手続き方法

払込取扱票の通信欄にワンストップ特例制度希望有を確認後に潟上市より申請書をお送りいたします。必要事項を記載・捺印の上、下記の必要書類を添付して、ご返信いただきますようお願いいたします。
※平成28年1月からマイナンバー制度開始に伴い、申請書には個人番号(マイナンバー)を記入していただくこととなり、本人確認(番号確認及び身元(実存)確認)ができるものを併せて送付していただく必要があります。

本人確認のために提出が必要な書類
 1 個人番号カードの写し(表・裏の両面が必要)
 2 通知カード(表)及び運転免許証またはパスポートの写し
 3 住民票(個人番号付)及び運転免許証またはパスポートの写し 

マイナンバー利用

出典:総務省ホームページ【地方税分野におけるマイナンバーの利用】

 

税額の控除について

地方公共団体へ寄付を行った場合、2千円を超える部分について、確定申告により一定の限度まで、所得税および住民税の控除が受けられます。

※復興特別所得税の創設により所得税の控除額が増額しますが、その分住民税の控除額が減額される仕組みとなりました。このため、寄附金控除の合計金額はこれまで同様に変わりません。

計算方法一例


皆様から寄せられたご支援は、以下の事業への活用を予定しております。

 水と緑の環境保全事業

  • 八郎湖の水質保全対策の推進
  • ふるさと松林保存事業(松くい虫の被害地域の拡大を防止し緑豊かな松林の再生)

 子ども育成支援事業

  • スポーツ少年団や部活動、文化活動など優秀な人材を育成するため、全国大会規模へ出場する小中高生を支援する。
  • 図書館事業の充実
  • 文化人やアスリートの講演会や演劇鑑賞などを学校単位で行う。
  • 0歳児からの子育て支援事業

 郷土文化財保存事業

  • 石川理紀之助翁資料館の整備等

 その他、まちづくりに資する事業

 

平成27年度の寄附状況は、申込件数625件、寄附金総額は1,722万6千円(平成28年3月末現在)となっております。
応援していただいたみなさま、たいへんありがとうございました。

 

寄附金の申し込みについて
 

【寄附金の額】

 寄附金は、一口5千円を基本とし、何口でも受付します。
 なお5千円以上の寄附をされた方には、「広報かたがみ」1年分
を贈呈しているほか、1万円以上の寄附をされた方には潟上市の特産品(佃煮など)を贈呈しています。

【寄付の手続き】

  • 寄付を行うには、以下の申込用紙をダウンロードしたうえで、必要事項を記入して郵送、FAX、電子メールでお申し込みください。→寄附金申込用紙 
  • 市から指定の振込用紙(振込手数料無料)のお届けと、指定金融機関の振込先口座等をご案内いたします。(誠に勝手ながら、指定の振込用紙以外は振込手数料が本人負担となりますので、ご了承ください。)

 

ふるさとチョイスの入力フォームからも直接お申込みいただけます。

    ↓

ふるさとチョイス

 

【申込先】

  • 郵便:〒 010-0201 秋田県潟上市天王字棒沼台226-1
       潟上市役所 企画政策課 あて
  • TEL:018-853-5302
  • FAX:018-853-5211
  • E-Mail:kikaku●city.katagami.lg.jp(●を@に変えて送信してください)

     

 

寄附金の運用について

寄附金は適正に管理運用するため、潟上市ふるさと応援基金に積み立てられます。基金は金融機関への預金その他、最も確実有利な方法により保管され、毎年度終了後3ヶ月以内に3月末現在の寄付金額や運用状況などを潟上市ホームページと広報紙上においてお知らせします。