潟上市では、道路や学校など潟上市が所有管理している公共施設の点検・診断や長寿命化対策など管理方法の基本方針を定めた本計画を策定しました。

 公共施設等総合管理計画とは

 公共施設等総合管理計画とは、本市など地方公共団体が所有管理する道路、橋りょう、保育園、学校などの公共施設を総合的かつ計画的に管理するための基本的な方針を定めた計画です。

長期的な視点を持つことは「計画的な」更新、統廃合、長寿命化対策などが可能となります。結果、費用の軽減と平準化が図られ、さらには公共施設の「最適な配置」が可能となります。

 また、この計画の大きな特徴は、将来の人口の見通しと公共施設の今後の更新費用の試算を行っているところにあります。将来の見通しを試算することで、今後の潟上市の長期的な視点を持つことに繋がります。

潟上市公共施設等総合管理計画の概要

 本計画は大きく分けて次のセクションに分かれています。

第1章 計画策定の背景と目的

 計画策定の背景や目的、また、計画の期間などについて

第2章 公共施設等の現況及び将来の見通し

 これまでの人口の推移から将来の人口見通し、所有管理している公共施設の現況と今後の更新費用の試算結果などについて

第3章 公共施設等管理の基本方針

 公共施設の現状に対する課題と管理を適切に実施するための基本的な方針について

第4章 施設類型ごとの施設の基本的な方針

 施設の種別用途別に適切な管理を実施するための基本的な方針について

第5章 取組体制の構築

 計画を実行するにあたっての今後の取組体制について

計画についてはこちらから↓

潟上市公共施設等総合管理計画 [1364KB pdfファイル] 

潟上市公共施設等総合管理計画付表 [107KB pdfファイル]