潟上市自治基本条例施行5周年記念事業 カフェ型ワークショップ&講話を開催しました!

  

 市では市民主役のまちづくりを目指す「潟上市自治基本条例」の施行から5年になったことを記念し、1月20日に市役所の大会議室でカフェ型ワークショップと講話を開催しました。この事業には中高生を含む50人の参加があり、前半のワークショップでは東京学芸大学監事の古川和氏を進行役に、コーヒーやジュースを飲みながらこれからの潟上市にあったらいいと思う事業について自由に意見を出し合う作業をしました。また、後半の講話では白鷗大学法学部教授の池村好道氏から、条例制定の背景や条例の基本である市民参画と協働についての解説を受けました。参加した方からは、「継続的な開催を希望する」や「出された意見を少しでも実現につなげたい」などの意見が寄せられており、市民主役のまちづくりへのステップとなりました。

  【カフェ型ワークショップ&講話の様子】

 前半のカフェ型ワークショップ

 ファシリテーター 古川 和 氏

 

 後半の講話  

 講師 池村好道氏