中学校への出前授業を実施しました!

  

 市では市民主体のまちづくりの推進を図ることを目的とした「潟上市自治基本条例」を中学生に対して解説し、その内容について理解してもらうために、中学校3年生の公民の時間(地方自治について学ぶ時間)に市職員が出向き説明しました。 

 自治基本条例について、主に未成年者のまちづくりへの参画権利について授業を聞いた生徒さんたちは、自分たちの潟上市にどんなものや制度があったらよりよいまちになるのか意見を出し合いました。意見には、「若者のお年寄りへのボランティア活動を進める」や「市を活気づける公共施設を整備する」などが出されました。 

 また、後日、出された意見や要望などに対しその回答とお礼を伝えるために、市長が中学校を訪問しました。市長は、中学校卒業を控えた3年生に対して「潟上市をこうしてほしい、こうしたい、という気持ちを、ぜひ、自分たちでつくろう、自分たちでやろうと、自分たちが主人公になって実現させてほしい。挑戦する皆さんを潟上市、潟上市の大人が全力で守りますので思い切りチャレンジしてほしい。」と語りかけました。

 

  【出前授業の様子】

 

 

 【市長学校訪問】