潟上市男女共同参画推進条例

   平成18年3月28日、『潟上市男女共同参画推進条例~ハートフルかたがみ条例』が制定・施行されました。  少子高齢化や高度情報化など、わたしたちを取り巻く社会経済情勢は大きく変化しています。このような時代の変化に対応し、豊かで活力ある社会をつくっていくために、男女共同参画社会の実現が求められています。
   そのため潟上市は、市民一人ひとりが性別に関わりなく、お互いの個性と能力を発揮し、いきいきと暮らすことができるまちづくりに向けて、市と市民・事業者・保育や教育に携わるみなさんとともに、男女共同参画の推進に取り組んでいくため、「潟上市男女共同参画推進条例」を制定しました。条例の愛称は、『ハートフルかたがみ条例』です。
  公募で集まった市民のみなさんで、ワーキンググループを立ち上げ、条例と計画の内容についてワークショップを重ねてきました。そのなかで、“男女共同参画”という言葉をもっと親しみやすく、言いやすい言葉に変えて、条例や計画の愛称にしてはどうかというご意見があり、考案されたネーミングが“ハートフル”でした。『ハートフルかたがみ条例』と後述の『ハートフルプランかたがみ2006』には、「心のこもった」「愛情にあふれた」という意味が込められています。

潟上市男女共同参画推進条例条文 [142KB pdfファイル] 

 

 潟上市男女共同参画推進計画

 市では、潟上市男女共同参画推進条例(平成18年3月施行)に基づく第3次計画として、「潟上市男女共同参画推進計画~ハートフルプランかたがみ2016」を策定しました。計画期間は32年度までの5年間です。
 市民や事業者、保育や教育に携わるみなさんと協働しながら、市の男女共同参画の推進を図っていきます。

第3次潟上市男女共同参画推進計画(ハートフルプランかたがみ2016) [4073KB pdfファイル] 

 

 潟上市男女共同参画推進審議会

 市男女共同参画推進条例第19条に規定されている「潟上市男女共同参画推進審議会」は、年に2~3回開催され、市の男女共同参画施策についての調査・審議を行っています。
 委員は15人で、識見者、女性団体関係者、農業団体関係者、商工労働関係者、公募市民で構成されています。