毎月19日は食育の日です!

 毎月19日は「食育の日」です。
 「食育の日」は、食育の一層の定着を図るための機会として、国の「食育推進基本計画」により定められました。
「食育の日」には、各地で様々な食育の普及啓発活動が展開されています。

 毎日の食事と自分たちの健康、食べ物を生産する方々への感謝、ごみを減らすなどの環境への配慮など、さまざまな角度から食を考える機会です。
家庭や学校、保育園・幼稚園、職場でも、毎月19日は食育についてぜひ皆さんで考えてみてください!

 

 「食育」ってどんないいことがあるの?

  農林水産省が作成したパンフレット「『食育』ってどんないいことがあるの?」では、朝食、栄養バランス、農林漁業体験の3つをテーマに、それぞれの大切さや取り組んだときのメリットがまとめられています。
 食育について簡単に知ることができる内容となっていますので、ぜひご一読ください。

 詳しくはこちら(農林水産省のページ)

 「食育」ってどんないいことがあるの?