・ 子どもの定期予防接種

・ 接種方法について

・ 予防接種依頼書について

・ 予防接種にかかる費用の払い戻しについて 

 子どもの定期予防接種 

〈種類・回数・間隔等〉            

予防接種種類 

対象年齢 

回数

  間隔

ヒブ

生後2か月~5歳未満

4

初回: 標準的には27日以上56日までの間隔をおいて3回(医師が必要と認めた場合は20日)

追加:標準的には初回接種終了後7月以上13か月までの間隔をおいて1回

小児用肺炎球菌 

生後2か月~5歳未満

4

初回:標準的には1歳までに、27日以上の間隔をおいて3回

追加:初回接種終了後60日以上あけて1歳以降に1回

B型肝炎

生後1歳未満

 

3

標準的には、生後2か月に1回目を接種し27日以上の間隔をおいて2回目を接種する。3回目の接種は、1回目の接種日から139167日(2024週)の間隔をおいて接種。

BCG 

生後1歳未満 

1

4種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風 ポリオ 

生後3か月~76か月未満

4

初回: 標準的には20日以上56日までの間隔をおいて3回

追加:初回接種終了後1年~16か月の間に1回(6か月以上あければ接種可) 

MR1期 

(麻しん・風しん)

1歳~2歳未満

1

 

水痘 

 1歳~3歳未満

2

1回目終了後、標準的には半年~1年あけて(3か月以上あければ接種可) 

MR2期 

(麻しん・風しん) 

5歳~7歳未満で小学校就学前1年間

1

 

 日本脳炎(※)

1期>    生後6か月~76か月未満

3

初回:標準的には6日以上28日までの間隔をおいて2回
追加:初回接種後おおむね1年(6か月以上あければ接種可)

2期>     9歳~13歳未満

1

 

 二種混合

(ジフテリア・破傷風)

11歳~13歳未満

1

 

 ヒトパピローマウイルス

小学6年生~高校1年生まで

3

現在、国では接種奨励を一時中止しています。 

詳細についてはこちらを参照

  

※日本脳炎定期予防接種は、平成17年度~21年度まで接種が差し控えられていましたが、現在は新たにワクチン開発され、予防接種を受けることができます。定期予防接種の機会を逃した方(平成19年4月1日以前に生まれた方で20歳未満の方)は、主治医と相談して不足回数分の予防接種を受けるようにしましょう。

詳しくは日本脳炎定期予防接種特例対象者についてをご覧ください。

  

接種方法について

<実施場所>

秋田県内の実施医療機関にて接種できます。

※医療機関によって予防接種の種類や接種日・診療時間が異なりますので、事前に医療機関にお問い合わせください。

<持ち物>

母子手帳、予診票

※母子手帳は、接種履歴の確認や接種した証明となりますので必ず持参してください。

※予診票がない場合は、医療機関にある予診票を使用するか健康推進課にお問い合わせください。

<接種料金>

無料

※定期予防接種の期間をすぎると有料になります。

 

 

予防接種依頼書について

  

手続名

手続き概要

手続きの詳細

予防接種依頼書の発行申請

県外の医療機関で定期予防接種を受ける場合、市が「予防接種依頼書」を発行します。発行にあたっては、保護者からの申請が必要です。

「予防接種依頼書」は、予防接種による健康被害が発生した場合に、依頼書を発行した市町村が救済措置にあたることを証明しているものです。

 

お電話でお問い合わせいただくか、健康推進課窓口で申請してください。

申請書はこちら

予防接種依頼書 [90KB pdfファイル]  

特別予防接種依頼書 [93KB pdfファイル]  

特別予防接種依頼書の発行申請

病気治療中等により、定期予防接種を「秋田大学医学部附属病院」で接種する場合、市が「特別予防接種依頼書」を発行します。発行にあたっては、保護者からの申請が必要です。

 

 

 

予防接種にかかる費用の払い戻しについて

県外の医療機関で予防接種を受ける場合または契約医療機関外で予防接種を受ける場合は接種にかかる費用は一度、自己負担となります。後日、払い戻しの手続きを行うことで、費用を払い戻しすることができます。下記の必要書類を健康推進課に持参し、早めに手続きしてください。

〈必要書類〉

・接種の内容がわかる領収書

・母子手帳

・振込先通帳

・払い戻し申請書