B型肝炎の予防接種について

 <B型肝炎とは>

  B型肝炎は、B型肝炎ウイルスの感染により起こる肝臓の病気です。B型肝炎ウイルスの感染は、一過性の感染で終わる場合と、そのまま感染が継続する場合(この状態をキャリアといいます)があります。キャリアになると慢性肝炎になることがあり、そのうち一部の人が肝硬変や肝がんなど命に係わる病気を引き起こすこともあります。

<ワクチンについて>

 ワクチンを接種することで、体の中にB型肝炎ウイルスへの抵抗力(免疫)ができ、一過性の肝炎を予防できるだけでなく、キャリアになることや、まわりの人への感染も防ぐことができます。

※予防接種を受けても、お子さんの体質や体調によって免疫ができないことがあります。

<接種対象者>

平成28年4月1日以降に生まれた生後12か月までの間にある方(1歳の誕生日の前日まで)

 

 ※母子感染予防のために抗HBs人免疫グロブリンと併用してB型肝炎ワクチンの接種を受ける場合は健康保険が適用されるため、定期接種の対象外となります。

<接種回数>

1歳になる前に3回接種

<接種間隔>

初回接種から4週間(27日)以上の間隔をおいて2回目を接種。3回目の接種は、1回目接種から20~24週(139日~167日)の間隔をおいて接種(※標準的な接種時期:生後2か月に1回目、生後3か月に2回目、生後7~8か月に3回目)

※1回目の接種から3回目の接種を終えるまでには、おおよそ半年間かかります。特に、平成284月、5月生まれの方であって、平成2810月からB型肝炎ワクチンを初めて受けられる方は、10月時点ですでに生後56か月が経過しているため、接種日程の管理が重要となります。早めに接種しましょう。

 <実施場所>

 秋田県内の実施医療機関にて接種できます。医療機関によって予防接種の種類や接種日・診療時間が異なりますので、接種前に希望する医療機関にあらかじめお問い合わせください。

<持ち物>

母子健康手帳、予診票