軽自動車等とは

 軽自動車税(種別割)の対象となる車両は、バイク、軽自動車(排気量660cc以下の四輪車)、小型特殊自動車などです。

 税政改正により、令和元年10月1日から、これまでの「軽自動車税」は「軽自動車税種別割」に名称が変更になりました(税額などに変更はありません)。※納税通知書、納税証明書等の名称「軽自動車税(種別割)」の表記については、令和2年度課税時からの対応となります。

課税される方

 軽自動車税(種別割)は当該年度の4月1日現在、軽自動車等を所有されており、市内に定置場がある方に課税されます。また、登録されてある軽自動車等を所有しなくなっても廃車手続等をしませんと、税金はかかり続けることとなります。

 

申告(登録・廃車)場所と方法

 軽自動車を取得、廃車等をされたときは申告が必要となります。

 車種により、下記の場所で申告してください。

 

このようなとき

ここへ

届出に必要なもの

備 考

125cc以下のバイク・小型特殊の登録、廃車、譲渡及び転出などをするとき

 

税務課 市民税班

 

届出に必要なもの(125cc以下のバイク・小型特殊)を参照してください。

別世帯への名義変更はできません。廃車をしていただき、新規に登録をしていただきます。

250ccを超えるバイクの登録、廃車、譲渡及び転出などをするとき

国土交通省東北運輸局秋田運輸支局
Tel 050-5540-2012

  • はんこ
  • 標識
  • 車検証

(その他詳細は、左記までお問い合わせください。) 

名義変更には、双方の印鑑と新使用者の住民票が必要です。住所変更には、新住民票が必要です。

二輪(250cc以下)・三輪・四輪の軽自動車の登録、廃車、譲渡及び転出などをするとき

全国軽自動車検査協会連合会 秋田事務所
Tel 018-896-6811

 

軽自動車税(種別割)申告書(登録・変更)..pdf [104KB pdfファイル] 

軽自動車税(種別割)申告書(登録・変更)記入例.pdf [187KB pdfファイル] 

軽自動車税(種別割)申告書(廃車).pdf [82KB pdfファイル] 

軽自動車税(種別割)申告書(廃車)記入例.pdf [138KB pdfファイル] 

 

届出に必要なもの(125cc以下のバイク・小型特殊)

 125cc以下のバイク・小型特殊(トラクター、コンバイン等)の届出は、税務課市民税班で受け付けます。(各出張所では受け付けできません)

 届出に必要なものは、次のとおりです。

申告(届出)事由

届出に必要なもの

はんこ

標識交付証明書

ナンバープレート

販売証明書

譲渡証明書

廃車証明書

登録※2

販売店から購入したとき

譲り受けたとき

市外から転入したとき

廃車

車両を処分するとき

譲渡するとき

市外へ転出するとき

盗難にあったとき※3

 

※1 届出者(窓口に来られた方)の本人確認をさせていただくので、本人確認書類(運転免許証等)を持参してください。

※2 125cc以下のバイクの登録で該当する証明書がない場合は車台番号の分かる書類(車台番号はどのバイクにも刻印されているので、その写真を印刷したものでも可)を必ず提出してください。

※3 警察へ盗難届を提出した後の手続きとなります。盗難届出年月日、被害年月日、届出警察署、受理番号の分かる書類(メモ等でも可)をお持ちください。

軽自動車(種別割)の納税

 毎年4月中旬に、4月1日現在、軽自動車等を所有されている方に、「軽自動車税(種別割)納税通知書」をお送りします。納期限は4月末日(土日、祝日、休日の場合はその翌日)となります。

 また、口座振替をご利用の方は4月末日(土日、祝日、休日の場合はその翌日)に口座より引き落としとなります。

主な車両の税額

原動機付自転車、小型特殊、二輪車等

 

車 両 区 分

税額(年額)

原動機付

自転車

 50 ㏄以下

2,000 円

 50 ㏄超~ 90㏄以下

2,200 円

 90㏄超~ 125㏄以下

2,600 円

 ミニカー

3,700 円

軽自動車

  軽二輪(125㏄超 ~

            250 ㏄以下)等

3,600 円

 二輪の小型自動車(250 ㏄超) 

6,000 円

小型特殊

自動車

 農作業用

2,400 円

 その他(フォークリフト等)

5,900 円

 

 ○ 四輪以上および三輪の軽自動車

 

車 両 区 分

旧標準税額

(年額)

標準税額

(年額)

重課税額

(年額)

四 輪

以 上

乗用

自家用

7,200円

10,800円

12,900円

営業用

5,500円

6,900円

8,200円

貨物用

自家用

4,000円

5,000円

6,000円

営業用

3,000円

3,800円

4,500円

三輪

3,100円

3,900円

4,600円

【旧標準税額】:平成27年3月31日以前に最初の新規検査(標識登録)を受ける車両。

【標準税額】 :平成27年4月 1日以降に最初の新規検査(標識登録)を受ける車両。

【重課税額】 :自動車検査証の「初度検査年月」から13年を経過した車両。動力源または内燃機関の燃料が電気、天然ガス、メタノール、混合メタノール、ガソリン電力併用の軽自動車を除きます。(令和年度の重課適用は初度検査年月が平成19年3月以前の車輌です。)

※「最初の新規検査」とは、新車の新規登録のことで今まで車両番号の指定を受けたことのない軽自動車を、新たに使用するときに受ける検査です。

 

(例) 四輪乗用(自家用)の場合

平成14年5月に最初の新規検査(標識登録)の場合

 →平成27年度まで7,200 円、平成28年度から12,900 円

平成26年5月に最初の新規検査(標識登録)の場合

 →平成27年度から令和9年度まで7,200 円、

  令和10年度から12,900 円

平成27年5月に最初の新規検査(標識登録)の場合

 →平成28年度から令和10年度まで10,800 円、

  令和11年度から12,900 円

  

 ○ グリーン化特例

 排出ガス性能や燃費性能の優れた環境負荷の小さい車輌など、一定の環境性能を有する三輪及び四輪以上の軽自動車について、令和年度分に限りグリーン化特例(軽課)が適用されます。

※適用条件:平成31年4月1日から令和年3月31日までに新規検査をうけた車輌で、かつ、下記の条件に当てはまる車輌

 

車 両 区 分

グリーン化特例(軽減) (年額)

税額を概ね

75%軽減
(ア)

税額を概ね

50%軽減
(イ)

税額を概ね

25%軽減
(ウ)

軽自動車

四輪

乗用

自家用

2,700円

5,400円

8,100円

営業用

1,800円

3,500円

5,200円

貨物

自家用

1,300円

2,500円

3,800円

営業用

1,000円

1,900円

2,900円

三輪

1,000円

2,000円

 3,000円

 

(ア)電気軽自動車、天然ガス軽自動車(平成30年排出ガス規制適合車または平成21年排出ガス基準値より10%以上窒素酸化物を低減する車輌)

(イ)乗用:令和2年度燃費基準+30%達成車

   貨物:平成27年度燃費基準+35%達成車

(ウ)乗用:令和2年度燃費基準+10%達成車

   貨物:平成27年度燃費基準+15%達成車

 ※(イ)と(ウ)については、揮発油を内燃機関の燃料とする軽自動車で、平成17年排出ガス基準75%低減達成車、または平成30年排出ガス基準50%低減達成車に限ります。

   

軽自動車税(種別割)の証明

 車検等で納税証明書が必要な方は、納税通知書の2枚目が継続検査用納税証明書となっております。紛失や滞納分を納付した等の場合は、次の窓口で継続検査用納税証明書を申請してください。また、口座振替をご利用の方は、口座振替後に領収済通知書をお送りします。この通知書に継続検査用(車検用)の納税証明書がついております。

○継続検査用納税証明書を申請する際は、車検証またはその写し(コピー)を持参してください。

 

証明窓口

  • 市役所税務課 Tel 853-5308
  • 天王出張所
  • 昭和出張所 
  • 飯田川出張所 
  • 追分出張所 

 ※お問い合わせは税務課までお願いします。


納税証明の交付が受けられる方

  
 最新年度を含め、滞納のない方    

 

※口座振替で納税する方で、5月上旬に軽自動車税(種別割)納税証明書(車検用)を申請する場合は、金融機関から市へ引き落としの報告が届くまで、市では納税の確認ができないため、証明書の申請の際には、軽自動車税(種別割)の引き落とし額を記帳した「通帳」をお持ちください。

軽自動車税(種別割)の減免

身体障害者等の方のために利用される軽自動車等の減免
減免の要件 

 ①身体障害者手帳、戦傷病者手帳、療育手帳及び精神障害者保健福祉手帳の交付を受けており、かつ下記の条件を満たすこと。 

  • 軽自動車の所有者(納税義務者)が、障害者本人(身体障害者で18歳未満のものまたは精神障害者と生計を一にするものが所有する軽自動車を含む) 
  • 減免の対象となる障害の区分及び等級に該当する(下記にてご確認ください) 

   → 減免の対象となる障害の区分及び等級.pdf [49KB pdfファイル] 

 公益のため直接専用するものと認める車両

  • 社会福祉法人等が訪問看護事業など、公益のため(収益事業を除く)直接専用する場合

 

 ③その構造が専ら身体障害者等の利用に供するためのものである車両

  • 構造上身体障害者等の利用に専ら供する軽自動車等(車椅子の昇降装置、固定装置若しくは浴槽を装着する等特別の仕様により製造されたもの又は一般の軽自動車等に同種の構造変更が加えられたもの)

     

申請方法・場所

 軽自動車の減免申請は、市役所税務課及び各出張所で受付しております。申請書は各受付窓口においてあります。

また、こちらからもダウンロードできます。

軽自動車税(種別割)減免申請書(新規用).pdf [88KB pdfファイル] 

軽自動車税(種別割)減免申請書(継続用).pdf [87KB pdfファイル] 

軽自動車税(種別割)減免申請書(法人用).pdf [81KB pdfファイル] 

軽自動車税(種別割)減免申請書(新規・継続・法人_word).docx [39KB docxファイル] 

申請期限

 納期限の日までです。
 

申請期限を過ぎると減免を受けられませんので、お早めに申請してください。