市では、「8020運動(80歳になっても自分の歯を20本以上保とう)」を推進するため、歯科健康診査を実施します。40歳以上の約8割が歯周病といわれています。歯周病は歯を失う原因だけでなく、さまざまな病気とも関連があり、定期的なチェックが必要です。この機会にぜひ受けましょう。

対象となる方には「令和元年度おとなの歯科健診のご案内」を郵送しています。

≪令和元年度対象者≫

40歳(昭和54年4月2日生~昭和55年4月1日生)

50歳(昭和44年4月2日生~昭和45年4月1日生)

60歳(昭和34年4月2日生~昭和35年4月1日生)

70歳(昭和24年4月2日生~昭和25年4月1日生)

76歳(昭和18年4月2日生~昭和19年4月1日生)

≪健診内容≫

・口腔内診査(歯や歯肉の状態、かみ合わせ、清掃状況など)

・健診結果の判定(治療の有無を判定します)

・歯科保健指導(健診結果の説明、今後のお手入れ方法などアドバイスします)

・口腔機能検査(舌の動き、物を飲み込む力など)※76歳の方のみ

≪持ち物≫

健康保険証、ハガキ(令和元年度おとなの歯科健診のご案内)、健診料金※76歳の方は無料

≪検診料金≫

700円 (76歳の方は無料)

※健診内容以外の検査や治療を受ける場合は、別途費用が発生します。

≪健診期間≫

令和元年6月1日(土)~令和2年1月31日(金)

≪受診方法≫

潟上市・男鹿市・南秋田郡内の協力歯科医院で受診できます。事前に連絡したうえで、受診をお願いいたします。

協力歯科医院  

健診料金が無料になる方(証明書がない方は有料となります)

生活保護のかたは「緊急時医療依頼証」

同一世帯全員が市民税・県民税非課税の方は、証明が可能な直近年度の「市民税・県民税課税証明書(世帯用)」(税務課、各出張所で発行。料金は150円。)

を提示することで無料になります。