黒いツブツブまたは赤い水が出るのですが・・・


 

水道管内に付着したサビやマンガンが流れ出したものです。水道工事による断水、消火活動や点検、浄水場の故障・事故、使用量の急激な変化や気温の変化など、水道管内の水の流れの速さ、方向が変わるとき起きます。しばらくの間、蛇口から水を出し、きれいな水になってから使用してください。

※吐出し後は、上下水道課まで吐き出した時間お知らせ下さい。

 

 

洗面器が青くなる又は浴槽の水が青いのですが・・・


銅が溶出(ボイラー等に使用されている銅管)が考えられます。
水道局でも何度か検査をしたことがありますが、飲料水として基準から外れる値が出たことはありません。
気になるようであれば、ステンレス又は架橋ポリへ配管を取替えが必要です。

※取替費用は自己負担となります。

 

 

水が灯油又はシンナーの臭いがするのですが・・・


塗料や灯油の流出が考えられます。塩化ビニール管やポリエチレン管へ浸透し、臭いを発しているため、洗管又は管の入替えにより改善します。

 

 

白い水が出るのですが・・・


水道管の改良工事や修繕工事をした時に、水道管の中に空気が混入し、この空気が水とかきまわされてたくさんの小さな泡となったものです。しばらくそのままにしておくと、きれいな透明の水になります。人体に影響はありません。

 

 

カルキ臭(塩素臭)がするのですが・・・



水道水は衛生上、塩素消毒が義務付けられており、塩素臭は病原菌等の汚染から守られた証拠です。気になる場合は、煮沸後、冷やすことで解消されます。浄水器等も臭気を除去する製品もありますが、メンテナンスを怠ると雑菌が発生する原因にもなります。

 

 

凍結し、水が出なくなってしまったのですが・・・


1. 水道管やじゃ口にタオルを巻き付け、ゆっくり時間をかけながらぬるま湯をかける。(このとき、熱めの湯をかけると水道管が破裂したりヒビ割れすることがありますので、ご注意ください。)

2. 水道管や、じゃ口にヘアドライヤーの温風を吹きかける。

3. 暖房機器を利用し部屋全体を暖かくする。

解消されない又は漏水した場合は、潟上市指定給水装置工事事業者へ修理を依頼して下さい。


注意事項

冬期間は、水抜き栓を操作し、水道管の水抜きをしてください。

ハンドルの開閉が不完全だった場合、水抜き栓から漏水する場合がありますので、ハンドルの開閉はしっかりと止まるまで行ってください。

 

 

水質検査をお願いしたいのですが・・・


水道局で供給している水道の検査は、水道局にて委託機関に依頼しますので、費用負担はありません。またホームページ上にて、水質検査結果を公表しています。

※ホームポンプ(自家用井戸)の方は、直接検査機関へ依頼して下さい。