■内容
身体障害者手帳の交付対象とならない程度の難聴児が、補聴器を装用することで言語の習得やコミュニケーション力の向上が促進されるよう、補聴器購入費用の一部や修理費用の一部を助成します。

 

■対象者

下記すべての要件を満たす方が対象となります。

(1)18歳に達する日以後の最初の3月31日までの児童生徒
(2)潟上市内に居住していること
(3)両耳の聴力レベルが原則として30デジベル以上70デジベル未満で、身体障害者手
   帳の交付対象とならないこと。ただし、医師が装用の必要を認めた場合は、30デ
   ジべル未満についても対象とする
(4)補聴器の装用により、言語の取得等一定の効果が期待できると医師が判断する
   もの
 
※対象児の保護者が属する世帯の中に市民税所得割の額が46万円以上の方がいる場合は
公費負担の対象外となります
 ■必要書類
●申請書
●印鑑
●補聴器交付意見書(医療機関で記載)
●見積書
 
■助成内容
補聴器購入費用の3分の2を助成します。更新の場合は、原則として前回購入から
5年経過後とします。
※部品交換は助成の対象となりません。
 

補聴器の種類 1台あたりの基準価格 基準価格に含まれるもの 耐用年数
軽度・中等度難聴用ポケット型
 43,200円
①補聴器本体(電池含む)
②イヤモールド
※イヤモールドを必要とし
ない場合は、基準価格から
9,000円を除く

5年

 

軽度・中等度難聴用耳掛け型
 52,900円
高度難聴用ポケット型
 43,200円
高度難聴用耳掛け型

 52,900円

重度難聴用ポケット型
 64,800円
重度難聴用耳かけ型
 76,300円
耳あな(オーダーメイド)
137,000円
①補聴器本体(電池含む)     
骨導式ポケット型
 70,100円
①補聴器本体(電池含む)
②骨導レシーバー③ヘッドバンド
骨導式眼鏡型
127,200円
①補聴器本体(電池含む
②平面レンズ※平面レンズを必要としない場合は、基準価格から1枚につき3,600円を除く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※業者が材料仕入時に負担した消費税相当分を考慮し、上記表の価格の

100分の106に相当する額を基準の上限とします