協議離婚のとき

【届出先】

 本籍地または所在地の市区町村

【届出人】
 夫と妻

【必要なもの】

  • 届書1通
  • 本籍地以外に届けるときは戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)1通
  • 印鑑

【注意事項】

  1. 離婚は、届出日に効力を生じます。
  2. 届書には夫婦および証人(成人2人)の署名押印が必要です。
  3. 未成年の子がいる場合、夫婦の一方を親権者に定め届書に記載することが必要です。
  4. 虚偽の届出を防ぐため本人確認をしています。

裁判離婚のとき

【届出期間】
 判決確定または調停成立後10日以内

【届出先】
 本籍地または所在地の市区町村

【届出人】
 原則として、離婚の訴えを提起したかた

【必要なもの】

  • 調停調書の謄本
  • 審判または判決の謄本と確定証明書
  • 届書(証人は必要ありません)
  • 本籍地以外に届けるときは戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)1通
  • 印鑑

離婚の際に称していた氏を称したいとき

 離婚後も、婚姻中の氏を称することを望むかたは、離婚の日から3か月以内に届出が必要です。 離婚届と同時に出すこともできます。