国では、「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」において、感染拡大防止に留意しつつ、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行うことを目的として、特別定額給付金事業を実施します。

申請書類は5月12日に全世帯に発送しました。まだ届いていない場合はお手数ですが新型コロナウイルス感染症緊急経済対策室 (℡018-853-5250)まで連絡をお願いします。

申請書類の提出期限は令和2年8月13日(木)までです。

振込日について

申請受付から振込みまで、1週間から2週間お時間を頂いています。

振込日が決まりましたら交付決定通知書を送付します。

給付対象者

令和2年4月27日現在において、住民基本台帳に記録されている方

申請・受給者

その方の属する世帯の世帯主

給付額

給付対象者1人につき10万円

給付金の申請及び給付の方法

感染拡大防止の観点から、給付金の申請は次の①及び②を基本とし、給付は、原則として申請者の本人名義の金融機関口座への振込みにより行います。

 

①郵送申請方式

市から受給者宛てに郵送された申請書に振込先口座等を記入し、振込先口座の確認書類と本人確認書類の写しとともに、同封された返信用封筒に入れて、ポストに投函します。

・世帯主の方が申請、受給を行う場合は、世帯主の方の本人確認書類と振込先金融機関口座確認書類を添付してください。他の世帯員の方の書類は不要です。

 ・本人確認書類は運転免許証、マイナンバーカード、健康保険証、年金手帳のうち、どれか一つの写しを添付してください。

・振込先金融機関口座確認書類は通帳、キャッシュカードどちらか一つの写しを添付してください。

②オンライン申請方式(マイナンバーカード所有者が利用可能)

マイナポータル(国が整備する受付システム)から振込先口座を入力した上で、振込先口座の確認書類をアップロードして申請します(電子署名により本人確認を実施するため、本人確認書類は不要)。

オンライン申請について

※やむを得ない場合に限り、窓口における申請及び給付が可能です。

配偶者からの暴力を理由に避難している方への支援について

配偶者からの暴力を理由に避難している方で、事情によりお住まいの市区町村に住民票を移すことができない方は、今お住まいの市区町村に申出をしていただくと、世帯主でなくても同伴者分を含めて、特別定額給付金の申請を行い、給付金を受け取ることができます。

まずはお住まいの市区町村担当者のご相談ください。

配偶者からの暴力を理由に避難している方への支援について  

お問い合わせ先

潟上市新型コロナウイルス感染症緊急経済対策室 ℡018-853-5250

・対応時間 8時30分から17時まで(土曜日・日曜日・祝日を除く)

特別定額給付金 総務省コールセンター ℡0120-260020

・対応時間 9時から18時30分まで(土曜日・日曜日・祝日を除く)

 

給付金の給付を装った詐欺にご注意を!

市役所やその他の行政機関が、給付のための手数料を求めたり、ATM(銀行などの現金自動預払機)の操作をお願いすることは絶対にありません。不審に思われたら、すぐに五城目警察署(☎852-4100)または警察相談電話(#9110)に連絡してください。