気温が高くなる夏にかけて増える熱中症ですが、重症の場合には、命にかかわることもあります。

 熱中症の知識と対処法を身につけ、しっかり予防して過ごしましょう!

 熱中症は、温度や湿度が高い環境にいることで体の水分や塩分のバランスが崩れ、体温の調節などができなくなる病気です。頭痛、めまい、体がだるいなどのほか、ひどいときにはけいれんや意識がないなど、さまざまな症状を引き起こします。

 今年は新型コロナウイルス感染拡大による自粛生活で、屋外での活動や運動を控えている方は、例年よりも暑さに対応しにくくなっていることが考えられます。また、感染予防のためにマスクをすることで、体に熱がこもりやすくなったり、息苦しくなったりして、熱中症のリスクが高まることも懸念されます。

※室内で過ごしていても熱中症になる場合がありますので、注意が必要です。

  

【こんな症状がでたら要注意!】

・食欲がなく元気がない

・めまいや立ちくらみが起こる

・足がつったり、頭痛がしたりする

・なかなか汗が止まらない

 など、熱中症になる前の兆候を見逃さず、水分補給など早めの対策をとりましょう。

※意識がない、全身のけいれんがある、まっすぐ歩けないなどの症状の方がいる場合は、ためらわず救急車を呼びましょう。

 

【熱中症が疑われる症状が出たときの対処法について】

①涼しいところへ移動しましょう。

②衣服を脱がせる、扇風機やうちわであおぐなど身体を冷やしましょう。

  ※首、脇、太ももの付け根を冷やすと効果的です!

③冷たい水やイオン飲料などで水分(塩分)を補給しましょう。

 ※呼びかけに反応しない場合は、誤って水分が気道に流れ込む可能性があるので、口から水分をとるのは禁物です。

自力で水分を補給できない場合や症状が改善しない場合は、すぐに救急車を呼びましょう。

【熱中症の予防について】

○11時から15時の暑い時間帯はできるだけ外出を控え、外出の際は日傘や帽子などの対策をしましょう。

○室温は28℃を超えないようエアコンや扇風機を上手に活用しましょう。

○食事は3食必ずとり、バランスに注意して、夏バテ防止にビタミンBを含んだ食材(豚肉、大豆製品、うなぎ等)も合わせてとると効果的です。

○のどが渇く前や汗をかく前に、こまめに水分補給をしましょう!特に高齢の方、乳幼児は時間を決めて水分をとりましょう。汗を多量にかいた後は、スポーツドリンクもおすすめです。

○体調の悪い日は無理をせず、暑い場所での運動や作業を控え、睡眠を十分にとりましょう。

~気温や湿度の高い日には、無理な節電はせず、適度に扇風機やエアコンを使用するようにしましょう~

 

【熱中症に関する資料はこちら 】

環境省熱中症予防情報サイト

厚生労働省ウェブサイト「熱中症関連情報」