郵便で戸籍等の証明書を請求することができます。  

請求申請書

 ○郵便請求申請書等に下記事項を記入してください。

  • 請求者の氏名・住所・電話番号 
  • 筆頭者からみた請求者の続柄
  • 必要な戸籍の本籍、筆頭者の氏名・生年月日
  • 抄本・身分証明書の場合は、必要とする方の氏名・生年月日
  • 請求理由(使いみち)
  • 必要事項(誰の、どのようなことが記載されているか)
    ※必要な場合のみ記入してください。
  • 必要な証明書の種類と通数 

 

 

 ○請求申請書ダウンロード

    郵便請求申請書 
  郵便請求申請書(記載例) 

手数料

 ○定額小為替でお願いします。

    手数料分の定額小為替を郵便局で購入し、そのまま同封してください。

返信用封筒      

 ○住所と氏名を記入し、切手を貼って同封してください。

本人確認のできる書類の写し

 ○請求される方の本人確認書類で、以下のいずれかの書類の写しを同封してください。


公的機関が発行した写真付の免許証、許可証、資格証等の写しを1つ同封

  • 運転免許証
  • 個人番号カード等

 を提示出来ない場合は、保険証等の写しを2つ同封

  • 健康保険証
  • 年金手帳
  • 年金証書
  • 介護保険被保険者証等

注意事項

  • 請求後、お手元に届くまで1週間ほどかかる場合があります。
  • 身分証明書は本人以外が請求される場合は、委任状が必要です。
  • 自宅以外には送付できません。
  • 婚姻、転籍などで本籍が潟上市にない方が申請される場合、請求対象者とのつながりがわかる戸籍(旧姓の載っているものなど)が必要です。

 

戸籍に記載されている方が請求される場合

1.請求申請書(便箋等または請求書をダウンロードしたもの)
2.手数料
3.本人確認のできる書類の写し(運転免許証、個人番号カードなどの写し)
4.返信用封筒(切手を貼り、請求者のご自宅の住所とお名前を記入したもの)

戸籍に記載されていない直系の方が請求する場合

1.請求申請書(便箋等または請求書をダウンロードしたもの)
2.手数料
3.本人確認のできる書類の写し(運転免許証、個人番号カードなどの写し)
4.返信用封筒(切手を貼り、請求者のご自宅の住所とお名前を記入したもの)
5.請求対象者との関係がわかる戸籍の写し

第三者が請求する場合

 第三者であっても、自己が法定相続人となる遺産相続など権利行使を目的として戸籍の記載事項を確認する場合には、請求理由等を確認できれば、戸籍謄本等の交付を請求できます。

1.請求申請書(便箋等または請求書をダウンロードしたもの)
2.手数料
3.本人確認のできる書類の写し(運転免許証、個人番号カードなどの写し)
4.返信用封筒(切手を貼り、請求者のご自宅の住所とお名前を記入したもの)
5.請求対象者との関係がわかる戸籍の写し
6.関連資料(発生原因、内容、理由等について客観的に確認することの出来る資料)