地域包括支援センターは、高齢者が住み慣れた地域で安心してその人らしい生活を継続していくことができるよう、高齢者ご本人や家族、近隣住民など、皆さまの日常の生活から生じてくるさまざまな問題や悩みなどの相談を受け、適切なサービス・必要な制度が利用できるよう次の活動しています。

 

悩みごと・疑問・心配ごとの相談(総合相談)

介護を予防する・サービスを受ける

財産と権利を守る

高齢者虐待への対応

地域・医療機関・専門職とのつながり

 

悩みごと・疑問・心配ごとの相談(総合相談)

高齢者に関する相談

  高齢者の生活に係る悩みごとや疑問・心配ごとなど、一人で抱え込まずに、まずは相談してみませんか。
 地域包括支援センターでは、保健師・主任介護支援専門員・社会福祉士の専門スタッフが、高齢者ご本人やその家族の皆さまが安心して生活を営むことができるよう初期段階の相談から専門的・継続的な関与または緊急の対応まで、適切なサービスの利用または必要な制度の利用へつながるよう支援しています。

 【こんな時に】 

  • どこへ相談したら良いのか分からない
  • どんなサービスがあるのか分からない
  • 福祉サービスを利用したい
  • 介護保険サービスを利用したい
  • 近所の一人暮らしの高齢者が心配
    など

 

介護を予防する・サービスを受ける

身体の不安・健康づくり

 「自分らしい生活をする」、「介護が必要な状態にならないようにする」、「介護が必要な状態になっても、悪化させないようにする」、とても大切なことです。
 高齢になって、足・腰が弱くなり転びやすくなった、食べ物の飲み込みが悪くなったなど生活機能の低下がみられる場合には、運動器の機能向上や口腔機能の向上を目的としたプログラム(特定高齢者介護予防教室)を提供しています。
 また、高齢であっても活動的な生活を継続できるよう、健康づくりに関する講習会や転倒予防教室などを開催しています。

 

介護予防サービスを受ける

  地域包括支援センターでは、介護保険の要介護認定で要支援1または2と認定された方の介護予防ケアプランを作成しています。
 サービスを利用する方の状態や希望に合せて、サービスの手配など連絡調整を行います。また、ご本人やご家族に代わって介護保険の申請手続きをいたします。

 

権利と財産を守る

 高齢者の弱みにつけこんだ悪質な訪問販売などの消費者被害に関する相談や、1人暮らしの高齢者、認知症などのため判断能力が衰えた高齢者の日常生活に係わる契約、預貯金の管理・財産の管理など、高齢者の権利と財産を守るため「成年後見制度」、「地域福祉権利擁護事業」の制度の紹介、関係機関との連絡調整を行っています。

  【こんな時に】

  • 悪質な訪問販売の被害にあって困っている
  • 身に覚えのない請求書が送られてきた
  • 物忘れのため、自分ではお金や預金通帳の管理が難しくなってきた
    など

 ■ 関係機関・窓口

 

種   別

機   関   名

電話番号

認知症家族の相談 ひまわり会
(認知症の人と家族の会秋田県支部)
018-866-0391
判断力の不十分な方の
 ・福祉サービス利用支援
 ・日常的金銭管理
 ・書類等の預かり
秋田県福祉生活サポートセンター

※受付窓口は、「潟上市社会福祉協議会」
018-864-2797

018-877-2627
判断力の不十分な方の後見 リーガルサポートあきた 090-9534-5210
       〃 ぱあとなあ秋田 018-896-7881
高齢者法律相談
(シルバー110番)
秋田県高齢者総合相談センター 018-829-4165
消費生活についての苦情相談 秋田県生活センター 018-835-0999
       〃 潟上市市民課  018-853-5370
成年後見制度 秋田家庭裁判所 018-824-3121㈹

 

 

高齢者虐待への対応

 近年では、高齢者に対する虐待が深刻な状況になっています。地域包括支援センターには、高齢者の虐待を未然に防ぐ、虐待を受けている高齢者を守る、高齢者を介護する家族を支援するなどの役割があります。
 また、介護保険施設を利用する高齢者が施設で働く介護者から虐待を受けているなどの苦情相談、施設で働く方からの虐待の相談にも応じています。

  【こんな時に】

  • 近所で虐待を受けていると思われる高齢者がいる
  • いけないと分かっていても、親を虐待してしまう
  • 施設に入所している高齢者が虐待を受けている
    など

 ■ 高齢者虐待の種類と具体例

 

虐待の種類

行為の具体例

身体的虐待 ・たたく、つねる、なぐる、ける、無理やり食事を口に入れる、やけどや打撲を負わせる
・ベッドにしばりつける、意図的に薬を過剰に服用させる、身体拘束、抑制をする  など
介護・世話の放棄、放任 ・入浴をさせない、髪が伸び放題、皮膚が汚れている
・食事や水分を十分に与えないことで、空腹の状態が長時間にわたって続く、脱水症状や栄養失調の状態にある
・室内にごみを放置するなど、劣悪な住環境の中で生活させる
・高齢者本人が必要とする介護・医療サービスを相応の理由なく制限したり、使わせない   など
 心理的虐待 ・排泄の失敗をちょう笑する、それを人前で話すなど高齢者に恥をかかせる
・子供あつかいする、怒鳴る、ののしる、悪口を言う、無視する   など 
 性的虐待 ・排泄の失敗等に対して、裸にして放置したりしてこらしめる
・キス、性器への接触、セックスを強要する   など
 経済的虐待 ・日常生活に必要な金銭を渡さない、使わせない
・本人の自宅等を無断で売却する
・年金や預金通帳を本人の意思・利益に反して使用する   など 

 

※厚生労働省 「家庭内における高齢者虐待に関する調査」より引用。

 

地域・医療機関・専門職とのつながり

 高齢者の介護には多くの専門職が係わります。介護支援専門員や介護サービスを提供する方、自宅で受けるサービス、施設で受けるサービス、それぞれがつながりあって高齢者が住みなれた地域で暮らし続けることができるよう地域の関係機関や医療機関との連携・協働の体制づくり、専門職のネットワークづくりを進めています。