■高齢者肺炎球菌ワクチンについて

 肺炎は、細菌やウイルスが肺に入り込んで起こる炎症で、体の免疫力(抵抗力)が弱っている時にかかりやすい病気です。特に高齢者では死亡率が高く、また日本人の死亡原因の第3位となっています。

 高齢者肺炎球菌ワクチン(23価肺炎球菌ワクチン【ニューモバックスNP】)は、高齢者における肺炎の原因の約半分を占める肺炎球菌感染を予防するワクチンです。肺炎球菌は90種類以上の型がありますが、そのうちの23種類について効果があります。

 免疫(抵抗力)がつくまで約3週間程度かかり、効果はおおよそ5年間持続すると言われています。

【注意】5年以内に再接種した場合、接種した部位の痛みや腫れなどの副反応が強く出る恐れがあります。再接種する際は必ず前回の接種年月日を確認し、主治医に相談しましょう。

 

 

 

◇平成29年度の助成対象者(潟上市特例を含む)

○65歳(昭和27年4月2日生まれから昭和28年4月1日生まれ)の方

○70歳(昭和22年4月2日生まれから昭和23年4月1日生まれ)の方

○75歳以上の方(昭和18年4月1日以前に生まれた方)

●心臓、肺、腎臓等の機能障害があり、身体障害者手帳1級を持っている方で60~64歳の方

※上記対象者で、これまでに高齢者肺炎球菌ワクチンを1回でも接種したことがある方は対象外です。

※対象者以外の方が接種する場合は、任意予防接種となり、市の助成を受けることはできませんのでご注意ください。

 

◇接種回数

1回接種

 

◇助成額

1人1回3,000円助成

予防接種料金から助成額を引いた金額を医療機関へ支払います。

※予防接種料金は医療機関ごとに異なります。

 

無料で受けられる方

 上記の対象者のうち、生活保護世帯は全額助成となります。接種時に、医療機関窓口へ「緊急時医療依頼証」を提示してください。

 

◇接種期間

 平成29年4月1日から平成30年3月31日まで

 

◇接種するために手続きについて

事前に健康推進課へ申込みが必要です申込み時に予診票をお渡ししますので、接種する医療機関に提出してください。

(健康推進課への来庁が難しい場合は、電話で申込みを受付し、郵送で予診票をお届けします。)

医療機関ごとに予防接種の受付時間・曜日等が異なりますので、必ず事前に確認してから受診しましょう。

◇接種場所

医療機関での個別接種となります。