不育症の診断を受け、治療をされている方への助成事業を平成23年4月1日から行っています。

 不育症は妊娠しても、流産・死産を繰り返す病気です。専門の医療機関で不育症と診断を受けて治療されている方に治療費の一部を助成しています。

 

 

 

◆ 対象となる方     

 ※①~④のいずれにも該当する方が対象になります。  

① 婚姻後1年以上経過していること

② 妻が1年以上潟上市に居住していること

③ 夫及び妻の前年の所得(1月から5月までの申請については前々年の所得)の合計額が730万未満であること

④ 不育症の治療を行っている医療機関の専門医により不育症と診断され、その治療を受けている者

◆ 助成対象経費

不育症治療に要した費用で、入院時の差額ベッド代や食事代等の直接治療に関係のない費用は除きます。

◆ 助成内容

1年度30万円が上限になります。ただし、1回の治療が2年度にわたる場合はその治療が終了してから申請をしてください。

◆ 申請書類

① 潟上市不育治療支援事業助成金交付申請書兼請求書 

② 不育症治療医師証明書(生殖医療専門医による証明)

③ 戸籍謄本(外国人にあっては外国人登録原票記載事項証明書)

④ 妻の住民票の写し

⑤ 夫及び妻それぞれの所得証明書

⑥ 不育症治療を行った医療機関発行の領収書

◆ 申請期間

治療終了後、3か月以内に申請してください。

◆ 書類提出先

 健康推進課     TEL 853-5315