潟上市では、高等学校等に通学する高校生の保護者の経済的負担を軽減することにより、子育て環境の整備を図ること及び定住化を促進することを目的とし、通学費(通学定期券の購入費)の一部を助成します。

◆対象となる高等学校等

・高等学校、高等専門学校、特別支援学校高等部、専修学校高等課程

◆申請できる方

・申請者(保護者)、対象高校生ともに潟上市に住所のある方
・市税等の滞納がない方(配偶者とも)
・上下水道料金、市営住宅使用料、幼稚園使用料、保育料及び給食費等学校
 徴収金の滞納がない方(配偶者とも。ただし、これらに助成金を充当する
 ことに同意する方は除きます)
・生活保護世帯でない方
・他の通学費の援助等を受けていない方

◆対象の通学定期券

・平成29年4月1日以降有効な鉄道及びバスの1か月以上の往復定期券

◆対象期間等

・正規の修業期間(高等専門学校等にあっては第3学年まで)
・1人につき3か年以内

◆申請書類

・助成金交付申請書(印鑑使用)
・助成金に係る同意書兼委任状(高校生1人につき1枚)
利用期限が過ぎた定期券またはその写し※領収証不可(更新前に必ずコピーを!)
・在学証明書またはその写し(年度初回申請時のみ)
学生証不可
・金融機関の通帳の写し(初回申請時のみ)

◆助成金の額

・1か月当たりの助成額は、
 高等学校等ごとの助成区間の6か月通学定期券÷6×1/2
 (百円未満は切捨て)
・上限額は1か月当たり3,000円

◆助成金の算出方法(別表もご覧ください)

例1(上限額3,000円以内の場合)
 追分駅から秋田駅を利用する場合の1か月当たりの助成額
 28,450円(6か月定期券の額)÷6×1/2=2,300円(百円未満切捨)


例2(上限額3,000円を超える場合)
 二田駅から秋田駅を利用する場合の1か月当たりの助成額
 39,940円(6か月定期券の額)÷6×1/2=3,300円(百円未満切捨)
 3,000円を超えるので、助成額は3,000円となります


例3(日割り助成分がある場合)
 追分駅から秋田駅(H28.3.10~H28.4.9)の場合
 (28,450÷6×1/2)(百円未満切捨)÷31×9日=600円
                     (百円未満切捨)

   通学費助成金別表  

◆申請方法

・教育総務課(市役所庁舎2階)へ申請書類をご持参ください
 (出張所では受付できません)
 (申請時は印鑑をご持参ください
・受付時間 午前9時 ~ 午後5時(4月、10月、2月、3月の水曜日は午後7時まで
     (土曜・日曜・祝日及び12月29日~1月3日は除く)

◆注意事項

利用期限が過ぎた定期券の写しが必要となりますので、定期券を購入時に写しをとって保管してください
・定期券またはその写しがない場合は受付できません
・何枚分かをまとめて申請できますが、利用期限が3月31日までの分につい
ては年度内(3月31日まで)に申請してください
通学定期券は購入後、在学証明書は高校から受け取り後、すぐに
コピーするようにしてください
在学証明書等は各ご家庭でコピーしてください

 

 

   通学費助成金交付申請書 

   通学費助成金同意書兼委任状(初回申請時添付)  

   通学費助成金交付申請書(記載例)