ツキノワグマ出没に関する警報

 秋田県では、今年度のツキノワグマによる人身被害や農作物被害の状況を受け、クマの危険性等を正しく県民に伝えるため、ツキノワグマ出没警報等発令制度を新たに導入しました。
 ついては、県内の状況が同制度の実施要領に定める警報発令基準に該当するので、次のとおり「ツキノワグマ出没に関する警報」が発令されました。
 今後も、クマの大量出没による人身被害等の発生が危惧されますので、クマの被害に遭わないよう十分に注意してください。

 ※平成29年8月28日に警報期間の延長が決定しました。

1 発令期間

    従前   平成29年5月27日から平成29年8月31日まで

    延長期間 平成29年9月1日から平成29年10月31日まで

2 発令区域

        県内全域

クマ被害に遭わない防止方法

● 付近の竹林等、山林には入らないようにしてください。

● 「自分だけは大丈夫」という安易な判断で、クマの生息地域に入らないよう強く要請します。

● 山や野外では、あらかじめクマ出没情報を確認して、必ず2人以上で行動し、単独行動は慎みましょう。

● 鈴や笛、ラジオなどを身につけ、周りに音を出しながら行動しましょう。

● 子グマを見かけても、そばには必ず母グマがいると考え、決して近寄らないでください。

● もし、クマに出会ってしまったら、あわてずゆっくり後ろにさがり、静かにその場から立ち去りましょう。

● クマの足跡やフンなどを見つけた場合は、その先には進まず引き返しましょう。

● 生ゴミや残飯などを山や野外に捨てたり、放置しないでください。クマをその場所に引き寄せる原因になります。

 

参考資料:クマに注意!リーフレット  

     クマ類出没対応マニュアル 


※目撃箇所などの情報については、秋田県警ホームページ(各種統計)に掲載されています。

秋田県警ホームページ:www.police.pref.akita.jp/kenkei/kuma29/kumabady.htm