農地転用の方法及び内容については、その目的と区域の指定により基準があり、許可申請及び届出等を必要とします。なお、自分の農地に農業用施設などを建築する場合は、建築確認申請が必要です。

 

 
 このようなとき
自分の農地を住宅などの建設敷地(農作業小屋含む)にするとき
他人の農地を宅地など農地以外の目的で取得するとき
農地に多量の土を入れたりして農地の形を変えるとき
農地を資材置場、駐車場、道水路など農地以外の用途にするとき
※その土地の土地登記簿謄本をあらかじめお持ちください。
(注)転用許可を受けないで転用した場合、農地法に違反することになり、農地などの権利取得の効力は生じないことになり、更に原状回復命令などの罰則が適用される場合があります。