◇加入資格

  国民年金第1号被保険者であって、60歳未満の、農業に年間60日以上従事する者。


 

◇保険料の助成制度(国の政策支援が受けられる制度)

  60歳までに20年以上の加入期間を有する方で、次ののうち、いずれかに該当する意欲ある担い手の方が対象です。


  同一経営内での夫婦や親子など、複数の人も助成が受けられます。ただし、必要経費等控除後の農業所得が900万円以下であることが条件です。


認定農業者または認定就農者で青色申告者


上記の者と家族経営協定を締結し、経営に参画している配偶者と後継者


認定農業者が青色申告者のいずれか一方に該当する者で、3年以内に両方に該当す
  る者になることを約束した者


35歳未満の農業後継者で、35歳まで(25歳未満の者は10年以内)に認定農業者で青色申告となることを約束した者


 

◇年金の種類と支給要件


 

  • 農業者老齢年金
    支給要件は65歳到達を原則とします。ただし、国民年金と同様に60歳まで繰り上げ支給を選択することができます。
     
  • 特例付加年金
    国から保険料の助成を受けた部分に基づく年金(政策支援を受けた年金)です。
    支給要件は65歳到達を原則としますが、60歳まで繰り上げ支給を選択することもできます。また、経営継承の都合などで65歳を過ぎて受給開始することも可能です。(その分、年金額は高くなります。)
     
  • 死亡一時金
    被保険者または被保険者であった者が80歳に達する前に死亡したとき、その遺族に支給されます。