市政についてご意見やご要望があるときは、どなたでも請願書や陳情書を市議会に提出することができます。

●請願とは

 請願は、国民に認められた憲法上の権利のひとつで、市政等に対するご意見やご要望があるときは、どなたでも市議会に請願書を提出することができます。

 

●陳情とは

 陳情は、議会に対する住民の要望や希望を述べたもので、陳情書、要望書、嘆願書などあらゆる名称で提出されるものの総称であり、内容的には請願と異なるものではありません。

 本市においては、陳情は請願と同一の取り扱いをしています。

 

●請願と陳情の違い

 請願については、市議会議員1人以上の紹介(署名または記名・押印)が必要です。陳情はその必要がありません。

 

●請願・陳情の手続き

 提出にあたっては、邦文により以下の事項を記載してください。

 1.請願・陳情の件名

 2.請願・陳情の趣旨

 3.提出年月日

 4.請願・陳情者の住所及び氏名(法人の場合には、その名称及び代表者の氏名)並びに押印

 5.請願書の場合には、紹介議員の署名または記名・押印(陳情書には必要ありません)

    記載例 [151KB pdfファイル] 

 受付は議会事務局で随時行っています。請願・陳情ともに原則として、議会招集日7日前の午後5時15分までに受理したものを、その定例会で取り扱います。また、連絡事項が発生した場合のため、提出者の連絡先(電話番号等)を伺います。

 

●審議・決定の流れ

 請願・陳情は、原則的に本会議で各常任委員会または特別委員会に付託されます(議会の審査になじまないと議長が判断したものは、全議員に配布のみとする場合があります)。委員会では詳細な審査が行われ「採択」「趣旨採択」「不採択」「継続審査」の結果を出します。その後、本会議で報告が行われた後、採決を経て、請願・陳情の結果が正式に決定(=議決)されます。「継続審査」となった場合には、次回の委員会において引き続き審査が行われます。

 

●結果の通知

 議決の結果については「採択」「趣旨採択」「不採択」のいずれの場合にも、請願・陳情者に通知します。なお「継続審査」になっている段階では、請願・陳情者に通知いたしませんが、市議会議員の任期満了に伴い審査未了となった場合には、お知らせします。