市では新市のまちづくりに柔軟に対応できる財政基盤の確立のため、目標を設定し、その達成に向けて「財政健全化計画」(普通会計・下水道事業・農業集落排水事業)及び「公営企業経営健全化計画」(水道事業)を策定しています。

 計画の策定により、国が地方財政対策の一環として進めている「公的資金の補償金免除繰上償還※1」の制度を利用し、高金利(5%以上)の市債※2を繰上償還及び借換えすることが可能となりました。

 潟上市では、この計画を基に平成19年度から平成23年度の5カ年計画で行財政改革や経営改革に取り組んできました。その結果、一般会計では約7億円、農集排と下水道会計で約2億円、水道会計で約0.7億円の収支改善がなされました。

 繰上償還及び借換えの実績について会計別にまとめましたのでご覧ください。

 会 計 名        繰 上 償 還 額      軽減される利息額
 一般会計        5億1,779万円             7,506万円
 農業集落排水事業特別会計        1億2,950万円             3,792万円
 下水道事業特別会計      11億   547万円        2億8,964万円
 水道事業会計        4億8,996万円             9,308万円
 合  計      22億4,272万円        4億9,570万円

 

 結果、平成19年度から平成21年度までの3年間この制度を利用して、潟上市全体で22億4,272万円繰上償還または借換えを実施し、軽減される利息額は4億9,570万円となりました。

※1 公的資金の補償金免除繰上償還
 公的資金とは国からの借入金を意味し、財政融資資金、旧公営企業金融公庫資金、旧郵貯資金、旧簡保資金が該当します。
 通常、これらを繰上償還する場合、償還期限までの利子相当額を「補償金」として納付する必要がありますが、この制度により潟上市の場合、平成19年度から平成21年度までの3ヵ年限定で「補償金」を支払うことなく、繰上償還や借換えが可能となります。ただし、財政健全化計画の策定が義務付けられ、行財政改革や経営改革を行うことが前提となります。

※2 市債
 公共事業等の財源調達のため、地方公共団体が発行する債券。市が発行するものを市債といいます。

財政健全化計画はこちらからどうぞ

【平成23年度実績】

 【平成22年度実績】
 

【平成21年度実績】

 

【平成20年度実績】

   

【平成19年度実績】