市では、環境省からの要請を受け、一般廃棄物焼却施設の焼却灰に含まれる放射性物質を測定したので、その結果をお知らせします。

 飛灰、主灰とも少量の放射性物質が検出されましたが、国で定める基準値8,000ベクレル/kgを下回っていることから、市民の健康や生活への影響はありません。

 

放射性物質の測定結果について

1.施設名    潟上市クリーンセンター

2.試料採取日  平成23年7月12日

3.試料測定日  平成23年7月13日

4.測定機関   エヌエス環境㈱

5.測定結果   下表

(単位:ベクレル/kg)

試料名

放射性ヨウ素131

放射性セシウム134

放射性セシウム137

放射性セシウム合計

飛灰

不検出

31

46

77

主灰

不検出

14

不検出

14

 

 ※測定機器:ゲルマニウム半導体検出器 GC2018(CANBERRA社製)

 ※飛灰とは:排ガス集塵機で補修した排ガス中に含まれるばいじん

 ※主灰とは:焼却した際に出る燃えがら

 

その他の放射性物質測定結果

 秋田県の環境放射能の状況についてはこちら